« 3 月 2016年 5 月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31


冬開催に反対するJリーグサポーター有志の会(2008.11.23@東北電力ビッグスワンスタジアム)

代表の山田です。

ここまでの活動について、一区切りとしての話をさせていただきます。少々長いですが、おつきあいくださいませ。

続きを読む »

9日、日本サッカー協会は東京都内で常務理事会を開き、Jリーグ将来構想委員会委員長である鬼武健二副会長(Jリーグチェアマン)がJリーグ秋春シーズン制へ移行しないことを報告しました。

以下、引用もとはすべてスポニチから

「J秋春制」見送り…鬼武チェアマンが結論

日本サッカー協会は9日、東京都内で常務理事会を開き、Jリーグ将来構想委員会の委員長を務める鬼武健二副会長(Jリーグチェアマン)がJリーグ各クラブの経営面にマイナスの影響を与えるとして、秋開幕、翌春閉幕の「秋春シーズン制」(秋春制)へは移行しないことを報告した。

署名活動が“食い止めた?”秋春制見送り

有志の会では、積雪地域の実態を知ってもらうため、犬飼基昭・日本協会会長にタウンミーティングの実施を呼び掛けている。山田代表は「上からものを見るのではなく、日本サッカー界の進む道は現場にあるはず」と持論を展開した。

J各クラブは「見送り」歓迎の声、声、声

積雪地域ではないクラブからも肯定的な意見があがった。J1大分の溝畑宏社長は、景気が後退している点に言及し「国や地方公共団体を含めて多くの設備投資が必要になる。日本全体が厳しい状況にある中で、それを誰が負担するか。冬に試合をして客が減ったら意味がない」と、経営的な観点から結論を支持した。

「人と会う」…推進派の犬飼会長は取材応じず

鬼武副会長によると、常務理事会では「秋春制に移行しない」との結論に不満の声を上げなかったという。ただ、結論に対して「検討したい」と話したそうで、納得はしていないようだ。

「まずは一安心」といったところでしょうか。 この結果も含め、代表の山田から近日中にここまでの総括とお礼を発表させていただきます。

予定通り昨日26日、日本サッカー協会にて冬開催反対署名5万5511筆(※)を田嶋専務理事に直接手渡してきました。(※集計後さらに署名が増えたために以前報告した数と異なっていることをお許しください)

各メディアで報じられていますが、いくつかピックアップします。

Jリーグ:「秋春制」反対署名に5万5千人 協会へ提出(毎日新聞)

署名は協会の犬飼基昭会長が提唱している秋春制移行について「寒冷地や積雪地域では観戦の環境や選手の練習環境などデメリットが多い」として集められたもの。昨年11~12月に、札幌など寒冷地だけでなく全国のサポーターから寄せられたという

「夢が見えない」 サポーターに不信感招くJリーグ秋春制 (産経ニュース)

だが寒冷地のクラブにとっては、練習場の確保やスタジアムの改修など負担は大きい。観客の減少も見込まれるため、入場料収入やスポンサー獲得への悪影響も避けられない。そうなれば雪国からJリーグ王者が誕生する可能性はますます低くなる。「夢のあることを実現するなら我慢するが、そういう夢が全然見えない」。山田代表の言葉には重みがある。田嶋専務理事は「エイヤで決まることじゃない」と、時間をかけて議論する姿勢を明示した。

田嶋専務との話の中で、犬飼会長にはぜひとも積雪地域にきてタウンミーティングのようなものを開催してほしいと要望しました。

署名活動としては一区切りがついたと思いますが、今後の日本サッカー協会の動向を見守ろうと思います。また近日中に、代表の山田からここまでの総括としてのご報告をさせていただく予定です。本人多忙のため、今しばらくお待ちください。

まずはご報告と、ここまでの皆さんのご協力に感謝する言葉を述べさせていただきます。ありがとうございました。

明日26日、いよいよ署名提出です。

最後に、こちらでみなさんの生の言葉を募集しております。

http://www.shomei.tv/project-792.html

冬開催反対 意見署名」としておりますが、趣旨はみなさんからの声の募集です。 文字数は300字までと制限がありますが、最後にみなさんから生の意見をコメント欄で募り、これを協会にとどけます。間際のお願いでもうしわけありませんが、ぜひともお願いいたします。

お待たせいたしました。全国から集まった署名を、日本サッカー協会に持ち込む日程が決まりました。

昨年からお願いしていた、署名の直接手渡しの件について。私たちの誠意をくんでいただき、当日は日本サッカー協会の犬飼会長代理として、田嶋幸三 専務理事とお会いできることになりました。ご多忙の中、私たちのために時間をさいていただき、まことにありがとうございます。深く感謝いたします。

また当日、持参前の昼12時に記者会見を行います。メディア各社様の出席をお待ちしております。

【記者会見】
会見日時:2008年2月26日(木)12:00より
会見場所:お茶の水ホテル聚楽 小会議室(東京・神田淡路町)
会見名称:Jリーグ冬開催反対署名提出に関する記者会見
参加予定:冬開催に反対するJリーグ有志の会 7名(札幌市在住2名、東京都在住3名、長岡市在住1名、新潟市在住1名)

【署名提出】
記者会見に引き続き、日本サッカー協会へ署名を提出します。
提出日時:2008年2月26日(木)15:15より30分間
提出場所:日本サッカー協会 JFAハウス(東京・本郷)
署名受取:日本サッカー協会 田嶋幸三 専務理事(犬飼基昭会長、所用の為、代理受領)

以上、調整のためぎりぎりの発表になって申し訳ございませんでしたが、報告させていただきます。

先日の署名集計の様子が、メディア各社で報道されました。

共同通信社配信のニュースとして、ニッカン、スポニチ、サンスポ、報知などが報道。

J秋春制移行に反対の署名5万4000人分(ニッカン)

Jリーグの「秋開幕、翌春閉幕」(秋春)シーズン制移行に反対する署名活動を行っている有志サポーターらが25日、新潟市内で署名の集計作業を行い、約5万4000人分が集まったとの結果を出した。署名は2月末に日本サッカー協会(東京・本郷)に持参するという。

また、本日の朝日新聞スポーツ欄(23面)では全国扱いで取り上げられました。

朝日新聞の記事はネットでも見られます。

J秋春制、雪国が反対 冬の観戦「お年寄り・子どもは無理」(asahi.com)

署名は昨秋11月から1カ月間で集めた。当初はJR新潟駅前や新潟の本拠・東北電力スタジアム周辺にとどまっていたが、しだいに輪が広がった。雪の多い札幌、山形だけでなく、名古屋、大分のサポーターも協力し始めた。
(中略)
「夏に試合開催を避けることで(日本協会の)犬飼会長は『試合の質が上がる』と言うが、サポーターが見られなければ意味がない。観客が減ればクラブ経営が苦しくなり、チーム消滅にもつながりかねない」と山田代表は話す。

大変お待たせいたしました。報告をさせていただきます。

終了後、集合写真

まず先に結果から。署名総数は53,964筆になりました。

公式な組織を持たない今回の活動が、予定の1万筆を大幅に上回ることができたのは、学校や職場、あるいは商店街などで一人一人が自発的に運動を広げてくれたおかげです。ありきたりの言葉しか書けませんが、皆さま本当にありがとうございました。

◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆


本日2009年1月25日。ちらちらと雪が降る新潟市内の公民館一室にて、全国からいただいたJリーグ冬開催反対署名の集計をおこないました。

多くの方から記入いただいた署名ですが、今回は署名用紙下段に
「自著で」
「”同上”は不可」
と記していたため、対象外のものがないか手分けして確認します。さらに複数人で注意深く枚数チェックをした後、用紙500枚単位で閉じていきます。

約3時間の作業で集計が終了。ぶ厚いファイルが12冊になりました。

北海道から九州まで、そしてJリーグにとどまらず地域リーグまで含め、冬期開催に反対するサッカーファンから届いた署名用紙入り封筒の多くには、”活動をがんばってください”という手紙が添えられていました。 また、『車いすを利用している私には、冬にスタジアムに行くことなど到底不可能です。この理不尽な計画を絶対に阻止してください』という意見もいただきました。皆さまから届いた想いは、決して無駄にはいたしません。

最後に、今後の予定について記しておきます。

すでに日本サッカー協会に対して、『犬飼会長に直接手渡したい。それがかなわない場合には、代理の方へ手渡したい』と申し入れました。

しかし返答は、「たとえ代理人であろうとも直接受け取りはしない。郵送でしか受け付けない。必ず目は通すので郵送で送ってほしい」というもの。

もちろん私たちはこの、皆さんの切実な想いが詰まった5万筆以上の署名を郵送するなど、考えていません。二月末には協会へ持参する予定ですが、具体的方法については、いましばらく時間をくださいませ。

まずは告知が遅れて申し訳ございません。年を超してからも全国各地から署名が届いたこともあり、集計がずれ込んだことをまずはお詫びいたします。

さて、集まった署名を皆で集計いたします。

【日時】
1月25日 13~17時

【場所】
新潟市中央区の南地区出張所内にある鳥屋野公民館3F第3集会室

【住所】
新潟市中央区新和3-3-1

ご協力いただける方は、24日昼の12時までにメールをください。

締め切りました。ありがとうございます。

重ねて、メディア様からの取材もぜひお願いいたします。

記 笹川

連絡が遅くなり、たいへん申し訳ございませんでした。

先月23日をもって区切りをつけました署名ですが、25日に新潟市内の公民館にて、皆に手伝っていただき手分けしながら集計いたします。 具体的な日時、場所については追って告知いたします。参加できる方のご協力をぜひともよろしくお願いします。

全国から送っていただいた署名ですが集計作業が遅れ、申し訳ございませんでした。

みなさんメリークリスマス (おそい)。 代表の山田です。
郵送による署名受付期限の23日を過ぎました。 昨日ドキドキしながら、局留めにしてある到着物を受け取りに行きました。

いつものように郵便局の窓口に向かいます。 ただしいつもと違ったのは、今までは毎回手ぶらで行っていたのに、今回は結構おっきな袋を持って行ったコト。

「山田剛弘宛で局留めの郵便物が来てるはずなんですが」と免許書を見せると、局員さんからいつものように「どのようなものですか?ただの山田剛弘さん宛ですか?」などと、かなりいぶかしげに聞かれました。

「Jリーグの・・」と言い掛けたところで、局員さん。「あー!ずっと待ってたんですよ!!!すごいたくさん来ているから、早く取りに来てくれないかと思っていたんですよ!あ~、どうしよう。すごい量だから、袋持って来ます!」と矢継ぎ早に言うのです。 持ってきた少し頑丈そうな不織布の袋を見せると、「そ~りゃ、ちょうど良かった~。」とハイテンション。

しばらく待つと、でかいバスケットを2つ持って来るではありませんか。
どう見ても入りきりそうにないすごい量です。う~ん。

結局袋に山積み、おまけに持ち手をつかむとビリビリっっと切れてしまった。完全になめてました。数えてみると大量の郵送署名は300通を超えていました。凄すぎです。

開票作業(!?)は今は無理なので、重さで表現しちゃいます。

ざっと、この署名の山、9kgありました。すごっ。

本当に全国からたくさんの署名を頂き、重ね重ね皆様に感謝です。とりあえずのお知らせでした。

集計頑張ります!協力していただいた全国のみなさん、本当にありがとうございました!